新潟県内の注文住宅は広い方が良いか

新潟県と言えば、米所として有名な場所になります。

日本の米の何割かは新潟県で生産していると言われている通り、非常に優秀な場所の1つです。もともと寒いことから、おいしい米が育つと言われています。つまり、冬場は非常に寒く雪が降る豪雪地帯の地域大岩です。砂新潟県で注文住宅を建築するならば、広い方が良いか問題になります。一般的に注文住宅と言うのは、土地の範囲内で広さを自由に設定できますが無制限に設定できるわけではありません。例えば建ぺい率と呼ばれるものがあり、土地に対して建物の面積が決められているわけです。土地が100平米しかないのに中10平米ほどの床面積の建物を建築することはできないでしょう。東京都内であればある程度建ぺい率は緩く設定されているケースが多いですが、新潟県内の場合はそのような事はなく比較的厳しい建ぺい率になっているはずです。そうすると、土地に対してあまり広い面積の住宅を建築することができません。後は予算の問題が考えられますので、どの程度までなら問題ないかをよく検討することが必要になります。一般的に住宅ローンを組むのであれば、その予算の事はよく考えておかなければいけません。少し無理があると思った場合には、理に止めた方が良いでしょう。注文住宅は、購入する時とそれから10年後あるいは20年頃には全く価値が異なっているだけでなく、そこに住んでいる人の考え方も異なるわけです。家族構成などが変わってしまうこともあるため、正確には予測できませんがある程度予測を立てておいた方が良いでしょう。

Filed under: 住宅関連, 新潟, 注文住宅Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website